ボイストレーニングスクールを徹底的に比較します!

*

歌のテクニック

喉を痛めない!正しいデスボイスの出し方|初心者がやりがちな間違った練習方法も紹介

更新日:

「デスボイスが出せるようになりたい!」
「でも練習していたら喉を痛めてしまった…」

激しいロックを歌うとき、デスボイスが出せたらかっこいいですよね。カラオケやライブでデスボイスが出せたら、場も盛り上がるはず。しかしデスボイスは難易度の高いテクニックです。間違った練習方法をつづけると、喉を痛めてしまうこともあります。そこで今回は、自宅でもできる、正しいデスボイスの出し方をご紹介します。正しいデスボイスのトレーニングを続けることで、喉を痛めずにデスボイスを出し続けられるようになります。

今回の記事が、あなたの技術を向上させて、さらに歌を楽しめるようになることに貢献できれば幸いです。

執筆者プロフィール
りこぴん(21歳)
ボーカリスト、ベーシスト、サウンドクリエイターです。仮歌・ライブ・サポートを100以上経験しています。

デスボイスとは


デスボイスとは、いわゆる「ダミ声」や「がなり声」と呼ばれる発声方法のことです。デスメタルやブラックメタル、グラインドコア、メタルコア、スクリーモなどの激しいロックのジャンルでよく使われます。あの独特な歌声によって、激しい痛みや怒り、苦しみなどを表現しています。

絶対やめて!よくある間違ったデスボイスの出し方


デスボイスはファルセットなどに比べると、まだ認知度の低いテクニックなのでなので、正しい練習方法が一般化されていません。ネットで調べると、間違ったやり方で溢れています。間違ったやり方で練習し続けると、実践で使えるほど上達できないどころか、喉を痛めてしまう危険性もあります。

間違い① 咳をするように声をだす

「咳をするように声を出す」という出し方は、よくネットに書いてありますが、絶対にやらないでください。喉を痛めます。風邪をひいたとき、咳をしすぎて喉が痛くなる現象と全く同じで、繰り返すと確実に喉をやられてしまいます。最悪の場合、結節やホリープを引き起こし、一生歌えなくなってしまうことも。

間違い② 息をふんだんに出すことで、声を歪ませる

「息をふんだんに出すことで、声を歪ませる」方法は、技術的に上達できません。なぜなら、声を歪ませるために、通常よりも多く息を出すため、息が続けなくなるからです。よほど肺活量がある人ならいけるかもしれませんが、普通は実際に歌うときに活かすことはできません。

喉を痛めない!正しいデスボイスの出し方


正しい出し方さえわかれば、ほとんど喉に負担をかけることなくデスボイスを出せます。そこで、正しいデスボイスの出し方を紹介していきます。

ファルセットを習得して、喉を完全に開けるようにする

正しいデスボイスは、喉を開いた状態で行います。まずは喉を開いて歌う技術、「ファルセット」を完全にできるようにしましょう。

ファルセットを出すには、喉を開いて声を鼻腔に響かせる必要があります。その練習にもってこいなのが鼻歌、通称「ハミング」です。鼻歌と同じ声帯の状態で歌えば、自然とファルセットになります。

<ファルセットのトレーニング方法>1 口を閉じて鼻歌を歌います。指で鼻に触れた時に、鼻が振動していれば鼻腔に響いているのでOKです。

2 発声方法は変えずにだんだん口を開いて、歌声に切り替えていきます。
「んーーーーーーー(鼻声)まーーーー(裏声)」という感じです。切り替えた時にも、鼻が振動しつづけていれば、きちんとできている証拠です。

少しずつ音程を上げていくことで、裏声で出せる音域を広げることができます。

正しい歪ませ方を理解する

ファルセットができるようになったら、そのまま歪ませられるようにします。喉を”軽く”締めて、ファルセットを大声で力強く叫ぶように発声しましょう。その時に、水でうがいしている時のようなガラガラ感覚がきたらOK。これがいわゆる「シャウト」です。このシャウトを出す感覚を覚えましょう。

音程を調整する

シャウトを出せるようになって、歪ませ方を覚えたら、あとは音程を調節するだけです。

音程は、響かせる身体の部位で調節します。

低音の場合は、頬骨から下顎
中音の場合は、目の前
高音の場合は、鼻から頭蓋骨上部にかけて(ファルセットと同じ)

を響かせましょう。狙った部位に響いているかどうかわからない人は、その部位を指で軽く触れた時に振動していればOKです。

デスボイスを練習する際の注意点

デスボイスをマスターできないうちは、練習している時どうしても喉に負担がかかります。正しい発声法を習得するまでは、長時間の練習は控えましょう。1日で習得しようとしたりせずに、時間を分けて少しずつコツを掴んでいきましょう。

カラオケで歌う直前にやりたい!ウォーミングアップ方法


人前で練習の成果を披露するなら、最高のコンディションで挑みたいですよね。

「でも人前でガチガチのウォーミングアップをするのも、なんだか恥ずかしい…。」

そこで、カラオケやライブ前に密かにできるウォーミングアップ方法を紹介します。歌うのに必要な体の部位をほぐしておくだけで、デスボイスが出しやすくなります。これなら歌う前にトイレに行って、個室の中でもこっそりできますよ。

①首回りをほぐす

1 首をゆっくり回す
2 上を向いて首の筋肉を伸ばす
3 上を向いたまま、頭を斜めに傾けて、首の横の筋肉を伸ばす
4 首の筋肉を手でほぐす

これを2回ほど繰り返すことで、首回りの余分な力がなくなり、喉を開きやすくなります。

②喉の内側をほぐす

1 あくびの真似をして喉を広げる
2 そのまま舌を前に突き出して20秒キープ

これを3回繰り返すことで、喉を開きやすくなるだけでなく、滑舌改善効果も生まれます。

③肩とお腹をほぐす

1 肩をゆっくり回す
2 両手を上で組んで、体を横に倒して、お腹の横を伸ばす
3 そのまま体を後ろにそらして、お腹を伸ばす

これを3回繰り返すことで、お腹の余分な力が抜けて、腹式呼吸がしやすくなります。

さらに本格的なテクニックや発声を学びたい人は、ボイトレがおすすめ!

「もっと本格的に歌を学んで、様々なテクニックや発声ができるようになりたい!」

という人におすすめなのが、ボイトレ教室に通うことです。マンツーマンのボイトレ教室では、ひとりひとりが抱えている歌の欠点を見つけて指導してくれます。ネット上に掲載されているボイトレ法は、全員に言えることしか書いてありません。自分にぴったりの練習方法を見つけるなら、ボイトレ教室に通ってみましょう。

東京都内に住んでいる人は、「ボーカルレッスン ミュウ」がおすすめ!

初心者には、東京を中心に教室展開をしている『ボーカルレッスンMyU』がおすすめです!初心者コースや、音痴克服コースがあり、歌がコンプレックスの人や初心者も安心して受けられます。レッスンは10時〜22時まで対応しているので、学校やお仕事帰りにもサクっと練習できます。また、1レッスン5,000円〜と都内のボイトレの中でも圧倒的な低価格でありながら、現役のプロによるレッスンや充実した設備を実現させた、コスパの良さも人気の秘訣です。

レコーディングレッスンや、定期イベントも用意されており、趣味とは思えないくらい幅広く歌を楽しむことができます。無料でスタジオレンタルもできるので、個人練習をしたいときもバッチリです。

【渋谷校】東京都 渋谷区渋谷3-7-1 高山ランド第12ビル 5F
【吉祥寺校】東京都 武蔵野市吉祥寺南町1-11-12 キャニオンプラザ7階
【新宿校】東京都新宿区西新宿1-12-1高倉第1ビル 6階
【池袋校】東京都豊島区西池袋3-32-5 イマス立教ストリートスクエア4階
【秋葉原校】東京都千代田区神田佐久間町3-37-21 山本ビル2階
こんな人におすすめ!

  • 完全初心者だけどボイトレを受けたい!
  • 安さ重視だ!
  • イベントや設備も充実した教室がいい!
  • いずれレコーディングレッスンもやってみたい!
  • 東京都内に住んでいる!

今なら無料体験レッスン受付中なので、気になった方はぜひ下のボタンをクリックして詳細を確認してみてください!

ミュウの体験レポートはこちら
ミュウの評判・口コミはこちら

東京都以外に住んでいる人は、「シアーミュージック」がおすすめ!

「東京都以外に住んでいるから、ボーカルレッスン ミュウに通えない…」という人は、全国に教室を展開しているシアーミュージックがおすすめです!(レッスン料金も1回5,000円〜なので、ミュウと同価格です。)

シアーミュージックでは、歌だけでなく、ギターやピアノなどの弾き語りレッスンにも対応しています。月に複数回あるレッスンの内容を、自分で振り分けることができます!「今月は2回はボイトレやって、残りの2回はギターをやろう」という風に、柔軟にレッスン内容が組めます。東京都外に住んでいる人や、ギターボーカルなどを担当しているバンドマン、弾き語りをやってみたいという人は、絶対にシアーミュージックがおすすめです。(ギター、ベース、ウクレレ、ピアノなど様々な楽器に対応しています。)

またいつでも無料で練習ブースを使えるので、「家ではなかなか歌の練習ができない…」という人も安心して練習できます。

ライブや音楽イベントなど、練習の成果を発表する場も多数あるため、モチベーションを高め合える仲間を見つけるチャンスもたくさんあります。

札幌校/仙台校/郡山校/大宮校/浦和校/所沢校/

千葉校/船橋校/柏校舎/

東京校/新宿校/上野校/

秋葉原校/渋谷校/下北沢校/

池袋校/五反田校/勝どき校/

赤羽校/立川校/吉祥寺校/

調布校/八王子校/町田校/

横浜校/川崎校/藤沢校/

本厚木校/高崎校/水戸校/

宇都宮校/岐阜校/静岡校/

浜松校/名駅校/栄校/

金山校/藤が丘校/奈良校/

京都校/西宮北口校/三宮校/

姫路校/大阪校/梅田校/

京橋校/なんば校/天王寺校/

堺東校/高槻校/枚方校/

豊中校/和歌山校/岡山校/

広島校/松山校/小倉校/

博多校/福岡天神校/熊本校/

那覇校

今なら無料体験レッスン受付中なので、気になった方はぜひ下のボタンをクリックして詳細を確認してみてください!

無料体験レッスンの申し込み方法はこちら(クリックで展開)

①下記の「無料体験レッスンを申し込む」ボタンから、シアーミュージック公式サイトにアクセスする。
②「無料体験レッスン受付中!」をクリック!
③希望のレッスン内容と地域を選択して、時間の指定をします。
④氏名や電話番号などの情報を記入して終了です。

※所要時間2分

無料体験レッスンを受けてきた結果、これだけ歌が上達したのでぜひ参考にしてみてください。

無料体験レッスンを受けてから1週間以内に入会すると、レッスン1回分無料チケット入会金80%オフなどの特典が付いてきます!絶対に無料体験レッスンを受けてから入会することをお勧めします。

シアーミュージック体験レポートはこちら

かっこいいデスボイスで、場を盛り上げよう!


今回は、デスボイスの出し方をご紹介してきましたが、いかがでしょうか。正しく発声すれば、喉を痛めることなく思う存分にデスボイスが出せるようになります。また、ライブやカラオケで歌う前に手軽にできるウォーミングアップ方法もご紹介しました。歌を披露する前にぜひやってみてください。

今回の記事が、あなたの歌唱力を向上させることの参考になれば幸いです。

おすすめボイトレスクール!

シアーミュージック

  • 無料体験レッスンあり
  • 無料でブース使い放題
  • マンツーマンだから初心者でも安心
  • 自分の好きな講師が指名できる
  • プロモーション活動を全面バックアップ
  • ライブ・イベント・発表会が充実
  • 北海道~沖縄まで日本全国に展開

-歌のテクニック
-, ,

Copyright© ボイストレーニング徹底比較!初心者からプロ志向まで! , 2019 AllRights Reserved.