バイオリン教室を徹底比較!習うならココ!

*

バイオリンの基礎知識

バイオリンの値段はどれくらい?3つの選び方とおすすめ商品を紹介!

更新日:

「バイオリンって高そう!」
「初心者向けのバイオリンはある?」
「選び方やおすすめの商品が知りたい!」

高額な商品になると1億円以上はあたり前のバイオリン。始めてみたいと思っても、「どの商品を購入すべき?」「どれくらいの値段で購入できる?」など気になる点がたくさんあるかと思います。

そんな初心者のみなさんも気になるバイオリンの値段について徹底解説。商品の選び方やおすすめ商品も紹介していますので参考にしてください。

バイオリンの値段や選び方に関するみなさんの悩みが1日も早く解決することを祈っています。

バイオリンの値段や違いを解説

バイオリンの値段はピンからキリまでさまざま。特にストラディバリウスと言われるバイオリンは数億円もの値がついており、弾くことができる人も限られています。

バイオリンを含め、弦楽器の値段は乾燥の期間や木の産地など「木の質」で決まるといわれています。それらの要因によって音の深みや音量に違いが生まれ、値段にも反映されています。

ここでは、初心者、中級者、上級者向けのバイオリンの値段とともに、どのような特徴をもっているのか見ていきましょう。

初心者向けのバイオリンは1~10万円

初心者向けのバイオリンは1~10万円ほどとなっています。バイオリンを始めておこなう人が手に取りやすいようセット商品になって販売されているため、「とりあえず楽器を所有したい!」という人におすすめです。

値段が安いバイオリンも木で作られていますが、あごあて部分がプラスティック素材であることや、組み立ての際に使用される接着剤が自然素材ではなく、ボンドが使われるなど、中級者・上級者向けと比べると品質は劣ります

時間が経過するとともに、音も悪くなりやすいデメリットもありますが、初心者向けのバイオリンがすべて粗悪というワケではありません。1~10万円の中でもしっかりとした作りの商品は発売されているため、良品を選ぶことが大切です。

中級者向けのバイオリンは10~30万円

中級者向けとして作られているバイオリンの値段は10~30万円程度手工品(手作り)によるバイオリンも多く見受けられます。

初心者向けの商品よりも質が高く、主にドイツなどヨーロッパで製造されたモデルが揃っています。それぞれのバイオリンによる個性が強くなるため、自分と合うのかフィーリングを確認する必要が出てきます。

10~30万円のバイオリンは中級者向けですが、初心者でも最初から良い楽器で演奏したいと考える人にはおすすめです。

上級者向けのバイオリンは50~100万円

バイオリンは高いもので数億円しますが、一般的に上級者向けとして販売されているバイオリンは50~100万円ほどとなっています。

50万円以上となると、最高品質の木材が使用され、その多くは手工品(手作り)で製造。証明書や認定書などもついており、一生使い続けられるバイオリンとなります。

中古バイオリンの値段は?

バイオリンは中古でも人気が高い楽器です。中古のバイオリンは製作者や製造年数、保存状態の良さによって価格が大きく異なります。特にオールドバイオリンと呼ばれるものは新品をしのぐほど人気

中古の場合、質の高いバイオリンがお得に購入できるメリットがありますが、上級者に人気の高いオールドバイオリンの値段は60万円~が相場となっています。

バイオリンの選び方

バイオリンのだいたいの値段がわかったところで、次は選び方を確認しましょう。バイオリンはこれからご紹介する3つのポイントによって選択してください。

  • ①:値段
  • ②:音色
  • ③:サイズ

①:値段

バイオリンを選ぶ際にはまず値段を把握し、どれくらいの予算で購入するのか決めましょう

バイオリンの値段はこれまでに解説してきた通り、低価格なものから高価なものまでさまざま。ドイツやイタリアなどヨーロッパで製造される商品は値段が高くなります。最近では中国製のバイオリンも低価格ながら品質が向上しています。日本製のバイオリンももちろんあります。

初心者の場合、3~10万円までの商品が売れ筋となっており、バイオリンだけでなく、ケースや弓などがセットになった商品が人気です。

②:音色

バイオリンは一つひとつ音色が異なるため、購入前にどのような音がよいのか考えておく必要があります。

初心者の場合、音色によって決めることは難しいと思いますが、「透明感がある」「重厚な音」など簡単なイメージだけでも持っておくと、自分好みのバイオリンを手に入れることができます。

③:サイズ

バイオリンはサイズが異なるため、その点も確認して購入する必要があります。とはいえ、身長が 145cm以上の大人の場合、4/4のフルサイズを選択すればOKです。

サイズを確認しなければならないのは145cm以下の人となります。身長の低い人や子供が合わないサイズのバイオリンを使うと、姿勢が悪くなってしまうため、適正なサイズを選択する必要がでてきます。

【初心者向け】バイオリンおすすめランキング5選

ここからは編集部が厳選した初心者におすすめのバイオリンを5つご紹介していきます。各商品の”特徴”とともに「サイズ」や「セット内容」、手工品か工場品かによる「製造」に関してもまとめています

どのバイオリンを購入しようか迷っている人は参考にしてください。

1位:YAMAHA Braviol バイオリンセット V7SG

「YAMAHA Braviol バイオリンセット V7SG」は大手楽器メーカーのYAMAHAが手掛ける初心者向けのバイオリンです。10万円以下の商品ですが天然木を使用した手工品。職人による手作業のため作りもしっかりしています。

音質の良さも考慮したオイルニス塗装で仕上げられており、高級感もあります。バイオリン初心者でも扱えるよう、テールピース一体型のアジャスターを4本の弦すべてに装備。音の微調整が比較的簡単におこなえるバイオリンとなっています。ハードケース・弓・松脂が付いたセット商品です。

【商品詳細】

バイオリンのサイズ 4/4
セット内容 ハードケース・弓・松脂
製造 手工品

2位:カルロジョルダーノ バイオリンアウトフィット VS-2

「カルロジョルダーノ バイオリンアウトフィット VS-2」は、初心者も音が出しやすいと言われるバイオリンです。素材にこだわっており、音量や音の響きも優れています。バイオリン本体に加え、ハードケース・弓・松脂・肩当てがセットになった商品です。

【商品詳細】

バイオリンのサイズ 4/4
セット内容 ハードケース・弓・松脂・肩当て
製造 工場品

3位:鈴木 アウトフィット バイオリン No.230

「鈴木 アウトフィット バイオリン No.230」は、国内の弦楽器メーカーである鈴木バイオリン製造株式会社の商品です。

初心者向けの丈夫な作りとなっており、ばらつきのない品質もポイント。テールピース一体型のアジャスターを4本の弦すべてに採用しているため、音の微調整も比較的簡単におこなうことが可能です。

弓に「エボニー」を使用し、高級感を出すなど、随所にこだわりが感じられるバイオリンです。本体以外にハードケース・弓・松脂・ブランケットがセットになっています。

【商品詳細】

バイオリンのサイズ 4/4
セット内容 ハードケース・弓・松脂・ブランケット
製造 工場品

4位:Vif バイオリン BV300

「Vif バイオリン BV300」は、100%ハンドメイドで製造されているバイオリンです。価格は1万円台と低価格なので、高級な手工品と比べると粗い部分もありますが、工場品は使いたくないという初心者におすすめです。

音の響きも良く、見た目の高級感もある商品です。バイオリン本体に加え、ハードケース・弓・松脂がセットになっています。

【商品詳細】

バイオリンのサイズ 4/4
セット内容 ハードケース・弓・松脂
製造 手工品

5位:Hallstatt入門用バイオリン V-12

「Hallstatt入門用バイオリン V-12」は、1万円台と低価格ながら、バイオリン本体を含め弓や教則本など、10点セットになった初心者向け商品です。バイオリンを始めたいけど、本格的にやれるのか自信がない人や、とりあえずやってみたいという人におすすめです。

バイオリン用の木材として使われることが多い”スプルース”を使用。外観は艶消しのアンティーク風に仕上げられています。音の響きにもこだわった商品です。

【商品詳細】

バイオリンのサイズ 4/4
セット内容 セミハードケース・弓・松脂・スペア弦・ピッチパイプ・バイオリンスタンド・譜面台・教則本・教則DVD
製造 工場品

中級者におすすめのバイオリンは?

初心者向けのバイオリンでは満足できないという人は、中級者向けがおすすめです。

初心者向けと比べて値段は高くなりますが、その分、クオリティは格段に高まります。良い楽器を初めから購入し、長く使うことは結果的にお得になるため、初心者の中には初めから中級者向けのバイオリンを使う人もいます。

中級者向けのバイオリンなかでおすすめ商品ををいくつかご紹介します。初心者のみなさんも参考にしてください。

YAMAHA Braviol バイオリンセット V10SG

「YAMAHA Braviol バイオリンセット V10SG」は値段が10万円台のお求めやすい中級者向けバイオリンです。職人による手作業で作られ、オイルニス塗装によるつややかな外観が特徴的。セットでついてくる弓にはヘルナンブコ材を使用。装備されている弦など細部にもこだわって作られています

【商品詳細】

バイオリンのサイズ 4/4
セット内容 ハードケース・弓・松脂
製造 手工品

鈴木 バイオリン No.1200

「鈴木 バイオリン No.1200」は、プロも使用する本格的な商品です。長期間乾燥させた木材を使用し、熟練の職人によって仕上げられています。コンサートホールでの演奏も十分に行える音量や音質を備えており、ソリストやオーケストラでの演奏を目指す人にもおすすめの逸品です。

【商品詳細】

バイオリンのサイズ 4/4
セット内容 バイオリン本体のみ
製造 手工品

レンタルできるバイオリン教室に通う方法も!

バイオリンは1万円台で購入できるものもありますが、初心者でも、音色などを考慮すれば5~10万円前後の商品を使いたいところ。ご紹介してきた通り、より高額なバイオリンであれば、音質や音量、作りなど、高品質となるためおすすめです。

しかし、初心者の場合、これから続けられるか不確かなため、いきなり5~10万円前後のバイオリンを購入すること自体、気が引ける人もいるでしょう。

「バイオリンの購入は迷う・・・だけど、やってみたい・・・」

そんな思いを抱いている人はバイオリンがレンタルできる教室に通うのも一つの方法です。

バイオリンがレンタルできる教室を編集部で徹底的に調べた結果、もっともおすすめできるのは【シアーミュージック】です。

シアーミュージックの特徴はバイオリンのレンタルに加え、講師の質の高さです。また、練習ブースが無料で借りれる点も見逃せません。

シアーミュージックは現在無料体験レッスンを受け付けています。体験レッスンは教室の雰囲気や講師の質などが確認できる絶好の機会です。詳細をその目で確かめたい人は、ぜひ下記のボタンをクリックしてホームページをご覧ください!

※バイオリンがレンタルできる教室は下記記事にも詳しく書かれています。気になる人は確認してくださいね!↓↓

【東京のバイオリン教室】子供も大人も絶対に上達できるおすすめレッスン9選

バイオリンが思うように弾けない…… 初心者だけど本当に上達できるか心配…… バイオリンは難しい楽器ですが、大人の方が趣味で始めたり、まったくの初心者でも何歳からでも始めることができます。 今回は、東京 ...

続きを見る


【大阪のバイオリン教室】大人から絶対に上達できるおすすめレッスン5選

大阪のバイオリン教室ならどこがおすすめ? 編集部では大阪にある音楽スクール30校以上をリサーチし、おすすめのバイオリン教室5校を厳選しました。1校1校を細かく評価して5校を選んだので、どれも良質なレッ ...

続きを見る

値段と質が良いバイオリンを選択しよう!

バイオリンを習うことは敷居が高そうに感じますが、初心者向けのモデルであれば、手頃な価格で購入も可能です。しかし、初心者でも、ある程度の質の高さを求めてバイオリンを選択すると、それなりに値が張ります。

どの商品を購入しようか悩んでいる人は、バイオリンがレンタルできる教室に通うことも考えてください。演奏していく中であなたが欲しいと思うバイオリンに出会えるかもしれません。購入する際は”値段はもちろん質もともなったバイオリン”を選択してください。

この記事があなたのバイオリン選びに少しでもお役立ちできれば幸いです。

おすすめバイオリン教室!

Ongirl!EYS

  • オンラインも無料体験レッスンあり
  • 入会すると楽器がもらえる
  • マンツーマンだから初心者でも安心
  • スケジュールは自由自在
  • ライブ・イベント・発表会が充実

-バイオリンの基礎知識
-,

Copyright© バイオリン教室・レッスンおすすめランキング! , 2020 AllRights Reserved.