基礎知識

ビブラートの出し方・かけ方は?喉や横隔膜の使い方・コツ・練習方法を紹介!

投稿日:

プロのアーティストが歌うときに声を揺らすビブラート、きっと誰もが一度は憧れたことがあるでしょう。
歌がうまいかどうかの一つの指標が「ビブラートが出来るかどうか」と言っても過言ではないかもしれません。

しかし、ビブラートは「なぜか知らないけど出来るようになった」という人も稀にいますが、ほとんどの人は意識的にやろうとしてもなかなか出来るものではありません。
曲に乗せてビブラートをかけるには、きちんと練習をする必要があります。

練習方法

ビブラートの練習をするためにはまず何をすれば声が揺れるのかという理屈を知る必要があります。
そのため、曲に乗せてビブラートをかけようとする前に自分の声だけで揺れる感覚を掴んでみることが重要です。

ます、ビブラートをかけるといっても、実は声の揺らし方には「横隔膜をコントロールする方法」と「をコントロールする方法」の2種類があります。

横隔膜で揺らす

最もポピュラーな方法が横隔膜をコントロールする方法です。

横隔膜をコントロールして声の強弱を変えることでビブラートをかける方法を、よく犬が出すような「ハッハッハッ」という声に例えてドギーブレスなんて呼ばれたりします。

そのため、練習方法も犬の真似をして「ハッハッハッ」と声に出してみましょう。
あるいは、「あ~」と声に出しながら自分の手でお腹を押してみてもいいでしょう。
横隔膜をコントロールする感覚がつかめるはずです。

喉で揺らす

横隔膜をコントロールすると「声の強弱」で声を揺らすことが出来ますが、小刻みに音程を変えることで声を揺らすことも出来ます。

半音上げるとか一音上げるとか余計なことは考えなくていいです。
「あ~」と声に出してみて、今出している声の音程よりも上げたり下げてみたりしてください。
そしてその音程を変えるスピードを速くしてみましょう。

声が揺れる感覚が分かるはずです。
まさしくこれが喉でビブラートをかけるということです。

曲に乗せる

上で紹介した「横隔膜でコントロールする方法」と「喉で揺らす方法」を曲なしでやってみて、実際に声が揺れる感覚を体感したら次は実際に曲に乗せて声を揺らしてみましょう。
多分始めのウチは曲がかかるとビブラートをかけるのが難しいはずです。

それもそのはず、曲なしでビブラートをかける練習をしていたときは「声を揺らす」ことだけに集中していればよかったのですが、曲が加わるだけで「音程を合わせること」「曲の進行にリズムを合わせること」など、いくつも気を配らなければならない点が出てくるからです。

そのため、曲に合わせて自然にビブラートをかけるようになるためには繰り返し練習をすることが不可欠です。

ビブラートを習得するには

実際のところ、こういった記事を見て「横隔膜をコントロールする」「喉をコントロールする」などと言われても、恐らくカラオケなどに行ってビブラートを完全習得できる人は少ないと思います。

僕も昔はビブラートのかけかたを調べて自分で実践してみましたが、理屈は分かっていても曲に合わせて自然にビブラートをかけることが出来ないんです。

そう、「曲に乗せずに声を揺らす」のと「曲に乗せて自然にビブラートをかける」のには信じられないほど大きな壁があるのです。

ちなみに僕がビブラートをきちんと習得できたのはボイストレーニングスクールの体験レッスンを受けてからです。
正直に言って、ネットでビブラートのかけ方を調べて自宅やカラオケでちまちま練習をしているより、一度しっかりプロのトレーナーから指導を受けた方がはるかに早く習得出来ます。

個人差はあるので一概には言えませんが、僕のように体験レッスンだけで習得できてしまう人もいます。
スクールに通い続けるお金がないという人でもまずは無料体験レッスンだけでも受けてみましょう

おすすめボイトレスクール!

シアーミュージック

  • 無料体験レッスンあり
  • 無料でブース使い放題
  • マンツーマンだから初心者でも安心
  • 自分の好きな講師が指名できる
  • プロモーション活動を全面バックアップ
  • ライブ・イベント・発表会が充実
  • 北海道~沖縄まで日本全国に展開

-基礎知識

Copyright© ボイストレーニング徹底比較!初心者からプロ志向まで! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.