ウクレレ教室No.1検索サイト|オリエンタスナビ
年間250万人が利用する、国内最大級の音楽教室情報・音楽情報メディア
きっと見つかる、あなたにピッタリの音楽教室を多数掲載

全国のおすすめウクレレ教室をご紹介!

ウクレレの基礎知識

ウクレレ初心者が最短で上達するための全知識|選び方や弾き方・おすすめ教室紹介

更新日:

「上手くなれる方法が知りたい」
「初心者だから上達できるのか不安」
「ウクレレで曲が弾けるようになりたい」

と思っている人のためにウクレレが最短で上達できる方法をまとめました。選び方や弾き方、おすすめの教室もご紹介。ウクレレを始めたいと考える皆さんの悩みが1日も早く解決できることを祈っています。

ウクレレ初心者が1日も早く上達する方法は?

ハワイ生まれのウクレレは陽気で楽しそう!興味を持った人は上達して1日も早く軽やかなリズムを奏でたいですよね。

よし、さっそくウクレレと教則本を買って独学で頑張ろう・・・そんなことを考えている人はちょっと待ってください。その方法は残念ながら大間違い

ウクレレの演奏を1日も早く楽しみたい、最短で上達したいのなら、教室に通ってマンツーマンレッスンを受けることがもっとも確かな方法なんです!

なぜ独学はダメでマンツーマンレッスンが良いのか?その理由を口コミとともに解説していきます。

独学?レッスン?どっちがいい?ウクレレ初心者の口コミを調査してみた


当編集部のおすすめは独学ではなく、ウクレレ教室に通ってマンツーマンレッスンを受けることですが、中には自分一人で始めようと考えている人もいるでしょう。

では、独学と教室でのレッスン、どちらがいいのかを確認するため、ウクレレ初心者の実体験や上達具合に関する口コミをまとめました

独学で練習したウクレレ初心者の口コミ

ウクレレに関する教則本は様々な種類が販売されています。また、インターネットで検索すれば弾き方の動画や基礎知識が書かれたサイトも存在。そのため独学で始める人は意外と多く存在します。

ここではそんな独学での練習を選択した初心者の口コミをご紹介します。

独学で練習したウクレレ初心者の口コミ

  • 最小限のお金で練習ができるため独学を選択しました。
  • マイペースで練習したかったので独学を選びました。
  • 独学でもしっかり練習すれば上達できると思います。
  • 上達しているのか分からない点は独学の悪い点。
  • 一人でやってるから飽きてしまった・・・。
  • 忙しいから独学。でも本当はレッスンに通いたい。
  • 数か月練習してるけど曲を弾くのは程遠いです。
  • 教則本を買ったけど続けられなかった。
  • チューニングが間違っていると指摘されショックだった。

レッスンに通ったウクレレ初心者の口コミ

レッスンに通うことを選んだウクレレ初心者の口コミも確認しましょう。

レッスンに通ったウクレレ初心者の口コミ

  • お金の出費以上の効果があると感じています。
  • 始めて1か月で1曲弾けるようになった!
  • レッスン代が高くて途中であきらめてしまった。
  • 早く上達したいなら独学ではムリだと思います。
  • 上達が早いと感じる。プロの講師のおかげですね。
  • 飽き性の私ですが独学じゃないので続けられます。
  • ウクレレの基礎から学べる点がいいところだと思います。
  • 日々、上達していることを実感!
  • 最短で上達できるマンツーマンレッスンを選択して正解でした!

【結論】教則本よりマンツーマンレッスンがおすすめ!

口コミを検証すると、レッスンを受けたほうが短期間での上達が可能となります。しかし、費用がかさむデメリットも存在します。一方、独学は飽きてしまう人が多く、上達させるためには長期間にわたり練習を積むことが求められます。

教則本やインターネットなどを使って行う独学の場合、やり方によってはしっかりとした技術を身につけることは可能です。しかし、結論から言ってしまえば、独学よりも、ウクレレ教室に通い、マンツーマンレッスンで上達を目指す方法がおすすめです。

なぜ、これほどまでにマンツーマンレッスンを推すのか・・・、それはウクレレの腕前を上達させるために必要な3つメリットが得られるからです!

    • ①:正しい弾き方が理解できる
      楽器演奏において、正しく弾くことは非常に重要です。正しい弾き方が身に付くことで上達のスピードは何倍にも高まります。正しい弾き方を習得することが難しい独学に比べ、マンツーマンレッスンであれば、それを叶えることができます。変なクセが付きそうな場合でも、プロの講師によるアドバイスによって軌道修正することも可能です。
    • ②:修正点を指摘してもらえる

マンツーマンレッスンの場合、コードの押さえ方は合っているのか、正しいリズムで弾けているのかなど、細かな点を講師がチェックしてくれます。仮にできてない場合でも指摘してもらえるため修正しながら上達できるのです。一方、独学で行う場合、自分以外判断する人がいないため、正しい弾き方ができているのか分からない状態に陥ります。

    • ③:効率よく上達できる

効率的で正しい練習方法が身につけられる点もマンツーマンレッスンのメリットです。独学で練習する場合、弾き方や間違いが正しく判断できないため、上達の実感がわかない非効率な練習をしまいがち・・・。レッスンに通うと、プロの的確なアドバイスが受けられると共に、苦手な部分が克服できるプログラムが組まれるため、効率よく上達できるのです。

質の高いウクレレ教室を選ぶ6つのポイント

ウクレレ初心者が最短で上達するには、独学よりも教室でレッスンを受けることが大切です。しかし、教室によって質のバラつきがあるため、通う前にしっかりと見定める必要があります

ここでは、質の高いウクレレ教室を選ぶための6つのポイントを解説。これらの条件を満たしていれば、満足できるレッスンを受けることが可能です。

1.講師の質

講師の質はマンツーマンレッスンを受けるうえでとても重要です。音大や音楽の専門学校を卒業している人であれば、レッスンのノウハウを熟知しています。また、プロや現役のミュージシャンとして活躍している講師の場合、ライブなどで披露する実践的なテクニックも教えてもらうことが可能です。

受講する前には、必ず体験レッスンを利用したほうがよいです。なぜかと言うとマンツーマンレッスンの場合、講師との相性がものすごく大事になるからです。

体験レッスンに行くとわかりますが、教室によって雰囲気はかなり違います。通い始めた後で後悔する前に、いくつかの体験レッスンを利用して講師の質をしっかりと確認しておきましょう。

2.コース料金

マンツーマンレッスンを受ける際は、受講料以外の料金にも目を向けることが大切です。レンタル代、教材費、設備費など、思っていた以上に出費が多くかかりすぎないか確認しておきましょう。

3.カリキュラム

初心者でも上達できるカリキュラムが採用されているか、また、どれくらい通えば1曲弾けるようになるのかも確認しておくと良いでしょう。ライブなどで披露したい人の場合、実践的なテクニックが身につけられるのかも重要です。

ウクレレ教室にはマンツーマンレッスンのほかに、グループレッスンを実施しているところがほとんんどです。グループレッスンは、「仲間もできて楽しそう」と思うかもしれませんが、様々なレベルの人が集うため、教則本で学べる程度の知識やテクニックしか教えてもらえません。また、マンツーマンレッスンのように直接指導も受けられないため、わざわざお金を支払って通うこと自体ムダといえるのです。最短で上達したいのなら必ずマンツーマンレッスンを選択してください。

4.レッスンの入れやすさ

通い続けるためにはレッスンの入れやすさは非常に重要です。都合に合わせて予定が入れられるフレックス制なのか、時間曜日が決まっている固定制なのかを確認しておきましょう。また、予定が入った場合でも、事前のキャンセルによって振替レッスンが受けられるのかも確認しておくべきです。

5.通いやすさ

最寄駅から徒歩どれくらいで通うことができるのか、利便性が良いのかをチェックしましょう。最寄駅から遠くなると通うことが面倒になってしまいます。自宅からの行きやすさも考慮して考えましょう。

6.機材のレンタルの有無

仕事や学校帰りに直接通いたい場合、ウクレレを持って移動するのは大変ですよね・・・。持って移動したくない場合はウクレレを貸してくれる教室を選んでおくほうが絶対に便利です。

最短で上達できる!初心者におすすめのウクレレ教室ランキング

編集部が厳選した、初心者におすすめのウクレレ教室をランキング形式でご紹介します。

1位:シアーミュージック

おすすめ度:

編集部が選んだ1位はシアーミュージックです。シアーミュージックをおすすめする理由は無料で練習ブースが借りられるから!ウクレレは小さな楽器ですが、家で練習を行うとなると音が気になりますよね。シアーミュージックであれば無料で借りられる練習ブースで思うままに演奏できます。

練習ブースは全国どの地域の教室に行っても使用可能。そのため、仕事や学校があるときは帰り道に近い教室、休日は自宅近くの教室で練習するなど使い分けることが可能です。

楽器レンタルも行っているため、仕事や学校帰りに楽器を持たずに通うことや、ウクレレを購入しようか迷っている人にとっても便利な制度です。

講師の質 価格 カリキュラム レッスンの入れやすさ 通いやすさ 機材レンタルの有無
あり

【講師の質】
シアーミュージックの講師は音大や音楽の専門学校を卒業した人のみが担当。応募者の中から選ばれるのはたった5%のみと厳しい採用枠を勝ち取った優秀な講師が揃っています。

採用された後も300時間以上の研修を受けたのち、ようやく生徒の前に立つことが許されます。ハワイアン、ポップス、ジャズなど、幅広い音楽ジャンルの中から学ぶことができ、ソロだけでなく弾き語りや講師とのセッションにも挑戦できます。マンツーマンレッスンのウクレレ教室でどこが良いかと聞かれれば、エキスパートが揃ったシアーミュージックを一番におすすめします。

【価格】

コース 料金
マンツーマンコース(1コマ/45分) ・月2回 / ¥10,000(税込10,800円)※1レッスン当たり5,000円
・月3回 / ¥13,500(税込14,580円)※1レッスン当たり4,500円
・月4回 / ¥16,000(税込17,280円)※1レッスン当たり4,000円
備考 月4回コースがもっともお得!(1レッスン当たり5,000円→4,000円)

※無料体験レッスンあり

【カリキュラム】
採用後も300時間を超える研修を受けた講師がヒアリングを行い、生徒一人ひとりに合ったカリキュラムを作成します。

コードや弾き方の基礎練習はもちろん、実践的なテクニックまで学ぶことが可能です。自分の好きな楽曲が練習できる点もメリットです。

【レッスンの入れやすさ】
レッスンはフレックス制を採用しているため、都合に合わせて通うことができます。予約はスマートフォンやパソコンから可能。予約したレッスンのキャンセルは前日17時まで受け付けています。キャンセルしたレッスンは振替えることが可能であるため、お金も無駄になりません。

【通いやすさ】
シアーミュージックは北海道から沖縄まで全国展開している音楽教室です。どの教室も最寄駅から徒歩圏内のため、通いやすいと言えます。ウクレレのレッスンを行っている教室数も比較的多く、現在(2018年10月時点)は18教室でレッスンが行われています。

シアーミュージックのウクレレ開校拠点はこちらで確認してください!

【機材レンタルの有無】
機材(ウクレレ)のレンタルは無料です。

こんな人におすすめ!

  • ウクレレ初心者でもしっかり上達できる教室に通いたい人!
  • 講師の質が高い教室でレッスンを受けたい人!
  • ウクレレのレンタルが可能な教室に通いたい人!

無料体験レッスン受付中です。気になった人、講師との相性を確認したい人はぜひ下記のボタンをクリックして詳細を確認してください!

2位:EYS音楽教室

おすすめ度:

EYS音楽教室は入会すると全員にウクレレがプレゼントされるため、初心者やどのモデルを購入しようか迷っている人、上達してから決めたいと言う人にもおすすめです!

担当する講師のレッスンを受けて納得できなかった場合、別の講師に変更して無料レッスンが受けられる「ENJOY保証制度」を採用しているため、あなたに合った講師を見つけることが可能です。ウクレレのレッスン開始後、半年間で1曲マスターでき、スタジオレコーディングかライブ出演が必ず体験できるカリキュラムが組まれています。

バンドプログラムもあるため、マンツーマンレッスンをしながらも他ジャンルの音楽仲間を見つけることが可能。レッスン予約やキャンセル等はすべてネットから行うことができます。

講師の質 価格 カリキュラム レッスンの入れやすさ 通いやすさ 機材レンタルの有無
なし

【講師の質】
講師は音楽学校卒業者やプロミュージシャンとして活躍している人で構成されています。講師の経歴は公式サイトで見ることが可能です。質の高い講師が多く在籍しています。

【価格】

コース 料金
楽器コース(月2回/1回60分) 10,820円~(5,410円~/1回)
備考 ・入会金:13,000円
・テキスト代:1,400円
・ライブ出演代:14,000円~

※無料体験レッスンあり

【カリキュラム】
EYS音楽教室のカリキュラムの特徴は、レッスンを始めて半年後には1曲マスターできる/span>独自のプログラムが採用されていることです。

また、スタジオレコーディングかライブ出演の体験が必ずできる点もメリットです。自分の好きな楽曲を使用した練習も可能です。できるだけ早く楽曲をマスターしたい人におすすめです。

【レッスンの入れやすさ】
レッスンはフレックス制と固定性の2種類を採用しています。フレックス制の場合、前日の22時までに連絡することで振替可能です。固定性の場合は当日にキャンセルでき、無料の補講を受けることができます。レッスンの予約やキャンセル、変更は全てネットから行うことができます。

【通いやすさ】
ウクレレ教室を開講する25教室(2018年10月時点)は、どの教室も最寄駅から徒歩圏内と好立地にあります。

EYS音楽教室のウクレレ開校拠点はこちらで確認してください!

【機材レンタルの有無】
機材レンタルは行っていません。

こんな人におすすめ!

  • 自分のウクレレをまだ持っていない人!
  • 半年間で1曲マスターしたい人!
  • ライブに出演できるレベルにまで早く上達したい人!

無料体験レッスン受付中です。気になった人、講師との相性を確認したい人はぜひ下記のボタンをクリックして詳細を確認してください!

3位:島村楽器 音楽教室

おすすめ度:

島村楽器 音楽教室は大人専門の教室です。初級・中級・上級にコースが分かれており、練習ブースを無料レンタル(1日30分)できる特典が付いています。

北海道から九州まで広い範囲でウクレレ教室が開校されていますが、ウクレレ教室の開校日は週1~2回だけのため、曜日を合わせなくてはならず、通いづらさがあります。また、上達して級が上がるごとにレッスン料が高くなる点はデメリットと言えるでしょう。

講師の質 価格 カリキュラム レッスンの入れやすさ 通いやすさ 機材レンタルの有無
なし

【講師の質】
島村楽器 音楽教室は音大を卒業した講師が在籍。しかし、音大出身というだけで、実績がない場合のあるため、どこまでの指導力やテクニックがあるのか未知数です。体験レッスンは必須で利用したほうがよいと言えるでしょう。

【価格】

コース 料金
初級/個人 ・1か月/¥9,720(1レッスン30分・年間40回)
・1か月/¥7,560(1レッスン30分・年間24回)
中級/個人 ・1か月/¥10,800(1レッスン30分・年間40回)
・1か月/¥8,640(1レッスン30分・年間24回)
上級/個人 ・1か月/¥12,960(1レッスン30分・年間40回)
・1か月/¥10,800(1レッスン30分・年間24回)
備考 ・入会金:¥10,800(現在キャンペーン中のため⇒¥5,400)
・運営管理費:別途各店舗ごとに、運営管理費(月額¥1,620~)が加算されます。

※体験レッスンあり

【カリキュラム】
初級・中級・上級とレベルに合わせたカリキュラムが採用されています。初心者の場合、基本となるコードの習得やリズムを奏でる練習などを行います。上達するごとにレベルが上がりますが、それに伴い、金額も高くなります

【レッスンの入れやすさ】
レッスンはフレックス性を採用しているため、自由に予定を組むことができ、急な予定が入っても振替が可能です。しかし、ウクレレ教室の開校日は週に1~2回の教室が多いため、実質、曜日固定制と同じで忙しい人には通いづらい教室と言えます。

【通いやすさ】
島村楽器はウクレレ教室を全国で104校(2018年10月時点)も開校しています。最寄駅から下車してスグの店舗や徒歩10分圏内の教室がある一方、モールの中に教室を構えている郊外型店舗は利便性がよくない場合も見受けられます。通う前には一度、利便性を確認しておくべきでしょう。

島村楽器 音楽教室のウクレレ開校拠点はこちらで確認してください!

【機材レンタルの有無】
機材のレンタルはありません。

こんな人におすすめ!

  • レベルに合わせてレッスンが受けたい人!
  • お住いの地域に島村楽器 音楽教室がある人!

体験レッスン受付中です。気になった人、講師との相性を確認したい人はぜひ下記のボタンをクリックして詳細を確認してください!

4位:ヤマハ 大人の音楽レッスン

おすすめ度:

ヤマハ 大人の音楽教室は音大や音楽の専門学校を卒業した人のみが講師として在籍しています。大手なので研修も充実しており、質の高いレッスンが期待できます。

レッスンでは練習曲が用意されているため、自分の好きな曲が弾きたいと言う人には不向きです。曜日固定制で、振替もできないため、忙しい人や自分のペースで予約したい人には通いづらいと言えるでしょう。

講師の質 価格 カリキュラム レッスンの入れやすさ 通いやすさ 機材レンタルの有無
なし

【講師の質】
講師は音大や音楽関連の専門学校出身者で構成されています。大手だけあり、地区研修や支店研修などの社員教育が充実しており、質の高いレッスンが期待できます。

【価格】

コース 料金
個人レッスン(1回30分) ・月3回/9,500円
備考 ・入会金:あり(地域によって異なります。)
・施設費:あり(地域によって異なります。)
・テキスト代:2,000円
・レパートリー代:1,900円

※無料体験レッスン実施中

【カリキュラム】
練習曲はポップス、映画音楽、クラシック、歌謡曲など様々なジャンルが用意されています。レッスンでは用意された曲の中から選択しなければならないため、自分の好きな曲が練習したい人には不向きな教室です。

最初の3か月で基本的なコード進行を覚えます。6か月ごろになると音階を覚え、サウンドを奏でられるようになります。1年経過時点でコードとメロディーを組み合わせ、ソロで弾くことを目標にカリキュラムが進められます。

【レッスンの入れやすさ】
レッスンは固定制を採用しているため、忙しい人やフレックス制度で予約を入れたい人には不向きです。また、基本的に振替ができないため、キャンセルした場合は1回分のレッスン料が無駄となります。その点はデメリットと言えるでしょう。

【通いやすさ】
大手だけあり、ウクレレ教室も全国に多数存在します。最寄駅から徒歩圏内で通える教室から、バスなどを利用しなければならない教室など様々です。利便性は通う前に確認しておくことをおすすめします。

ヤマハ 大人の音楽教室のウクレレ開校拠点はこちらで確認してください!

【機材レンタルの有無】
機材のレンタルはありません。

こんな人におすすめ!

  • 質の高い講師の下でレッスンを受けたい人!
  • 自分の好きな楽曲が練習できなくても良いと言う人!

無料体験レッスン受付中です。気になった人、講師との相性を確認したい人はぜひ下記のボタンをクリックして詳細を確認してください!

各教室の比較一覧表

教室名 講師の質 価格 カリキュラム レッスンの入れやすさ 通いやすさ 機材レンタルの有無
シアーミュージック ある
EYS音楽教室 なし
島村楽器 音楽教室 なし
ヤマハ大人の音楽レッスン なし

初心者が知っておきたいウクレレの選び方

ウクレレ初心者が最短で上達するには、教室に通ってマンツーマンレッスンを受けることですが、ウクレレが初めてという人の場合、「どんなモデルを購入すればいいの?」「初心者が持つウクレレはどれくらいの価格が妥当?」など、まだまだ分からないことが盛りだくさん・・・だと思います。

ウクレレを購入すれば、レッスンでも家でも練習が可能となります。早く上達したい人はぜひ自分専用のウクレレを手に入れるべきです。

そこで、初心者が知っておきたいウクレレの種類や選び方、どんなモデルを購入すべきなのかをご紹介していきます。

ウクレレの大きさ

ウクレレというと小ぶりなサイズ感の楽器をイメージしてしまいがちですが、大きさは1つではなく、ソプラノ、コンサート、テナー、バリトンと全部で4種類も存在します。

ソプラノがもっとも小さく、バリトンがウクレレの中で一番大きな種類となります。大きくなっていくほど、音も太くなる特徴を持っています。

ウクレレ初心者の場合、スタンダードでポピュラーな”ソプラノ”がおすすめ!手が小さな人にも弾きやすく、軽快なサウンドを奏でられるタイプです。手が大きな男性の場合、ソプラノよりも一回り大きな”コンサート”を選ぶとよいでしょう

ウクレレの形

ウクレレの形は2種類。アコースティックギターを小さくしたような「スタンダードタイプ」とパイナップルのような形をした「パイナップルタイプ」が存在します。

「スタンダードタイプ」は幅広い演奏に対応でき、「パイナップルタイプ」は丸みがある分、ふくよかなサウンドが特徴となっています。ウクレレ初心者であれば一般的な「スタンダードタイプ」を選択しておけば間違いないでしょう。

ウクレレのブランド

ウクレレを製造しているブランドもいくつか知っておくと選ぶ選択肢が広がります。ウクレレと言えばハワイの「カマカ(kamaka)」や「コアロハ(KoAloha)」が有名です。日本産では「フェイマス」がもっとも有名。初心者にも扱いやすく、多くの楽器店でも見ることができます。

そのほかにも楽器店のオリジナルなどブランドは多数存在します。ウクレレを選ぶ際の知識として覚えておくとよいでしょう。

ウクレレの値段や価格帯

ウクレレは安いもので数千円、高いものになると10万円以上になるなど、様々な価格帯の商品が存在します。そこで気になるのは、初心者はどれくらいの値段のウクレレを購入すればよいのかという点だと思います。

あまりにも安いウクレレでは、音程がとりづらいため楽器として使い物になるかわかりません。普通に演奏したいのなら初心者でも最低1万円以上のタイプがおすすめ。さらに、音程が安定し、チューニングする際に重宝する”ギアペグ”が搭載されたモデルを選ぶと良いでしょう。

ウクレレの初心者セットもおすすめ

ウクレレを始める際は楽器だけ購入すればよいわけではありません。楽器以外にもウクレレの弦や正確な音であるかを判断するチューナーも必要です。

出費を抑えたいと言う人はウクレレの初心者セットを購入するのも一つの手です。初心者セットであればウクレレ本体以外に、持ち運び用のソフトケースやウクレレ弦、チューナーなど、始めるにあたり必要なモノが一式セットになっています。

初心者セットの中でも、おすすめの商品をいくつかご紹介します。

  • アリア AU-1 ウクレレ初心者5点セット
    2つ目はできれば安い1万円以下のウクレレから始めたいと言う人におすすめの「アリア AU-1」です。ギアペクを採用したモデルで、チューナーやソフトケースなどがセットになっています。アリア AU-1 ウクレレ初心者5点セットを見てみる!

ウクレレの購入で迷った場合は・・・

ウクレレに関するサイズや形などの基本的なことに加え、初心者セットのご紹介もしましたが、悩んだ挙句、どのウクレレを購入しようか結局決められない人もいるかと思います。

もしも購入を迷った場合は、どのモデルにするか決められるまで、シアーミュージックのようなウクレレがレンタルできる教室を選ぶことや、入会するとウクレレがプレゼントされるEYS音楽教室を選択することも視野に入れておくと良いでしょう。

ウクレレを弾くための基礎知識

レッスンに通う教室やウクレレの選び方ついて知るとともに、皆さんの目標でもある弾くための基礎知識も事前に確認しておきましょう。

チューニング

ウクレレには弦が4本あり、それぞれのペグを回すことでチューニングが可能です。ウクレレは弦楽器であるため、弦をチューニングしなければ曲を弾くことも、正しい音階でサウンドを奏でることもできません。

ウクレレ初心者にとっては関門ともいえるチューニングですが、教室でレッスンを受ける場合、プロの講師がしっかりと教えてくれます

習得すべきコード

弦を適当に指で鳴らすだけでは曲にならないため、ウクレレ初心者はコードを覚える必要があります

初心者が覚えたいのは「C」、「G7」、「F」の3つのコードです。まずこのコードをしっかりと押さえられるよう、繰り返し練習しましょう。

弾き方は人それぞれクセが出やすい部分でもあります。一度クセがついてしまうと直すのは意外と大変・・・。上達に影響を与える可能性もあります。

独学で行うとクセがつきやすく、ついても気が付かないため、弦楽器を初めて触るような初心者であればあるほど、早い段階で指摘・修正してもらえるウクレレ教室のマンツーマンレッスンに通うことをおすすめします。

ウクレレ初心者向けの練習曲

ウクレレを開始したら目標となるのが曲の演奏です。参考として初心者でも挑戦しやすい練習曲をピックアップしました。

【ウクレレ初心者が挑戦しやすい楽曲】
ハッピーバースデー・トゥー・ユー
アロハ・オエ
Stand by me/Ben E. King
チェリー/スピッツ
日曜日よりの使者/THE HIGH-LOWS

教室によっては課題曲が事前に決められている場合もあります。自分のやりたい楽曲が決まっている場合は、練習曲が自由に選べる教室に通うべきです。

また、いつかは高度な技術を必要とする楽曲の練習がしたい場合、通うウクレレ教室にそれだけの技術を持つ講師が在籍しているのかも事前に確認しておくとよいでしょう。

ウクレレを早く上達させるための秘訣は?

ウクレレを上達させるには独学ではなく、マンツーマンレッスンに通って、プロの講師から直接指導を受けることです。しかし、最短で上手くなろうと考えた場合、一か月に数回のレッスンだけでは時間を要してしまいます。ここでは、より早くウクレレを上達させたいと考える人が知っておくべき秘訣を2つご紹介します。

マンツーマンレッスン以外でも毎日練習すること!

ウクレレを1日も早く上達させるためのコツはマンツーマンレッスンで学習したことを家でも毎日行うことです。とても単純なことですが、学習したコードの押さえ方や弾き方などの基礎練習を家でも繰り返し行うことが大切です。

演奏スキルを高めるには毎日の積み重ねが大切です!筋肉をつけ維持するためには筋トレを繰り返し行わなければなりません。それと同じようにウクレレの練習も毎日行うことで、結果となって表れてくるのです。

自分の演奏を録音して上達具合をチェックすること!

ウクレレ教室で学習したレッスンの効果を引き出すには、自分の演奏を録音して上達具合をチェックすることも大切です。

コード進行は上手に行えているのか、リズムはおかしくなっていないかなど、録音した演奏を聴き返すことで自分がどのように弾いているのか客観的に知ることができます。

演奏の録音は教室に通う前、マンツーマンレッスン開始後1か月、さらに3か月後など、定期的に行うことが大切です。

以前に録音した演奏を聴くことで自分の成長が実感でき、上達していればモチベーションを高めることにも繋がるため、毎日の練習と共に習慣にしましょう!

ウクレレを1日も早く上達させたい初心者はマンツーマンレッスンで決まり!

ウクレレは独学で始めようとする人も多い楽器の一つですが、初心者が最短で上達しようと考えるならマンツーマンレッスンに通うことをおすすめします!

・独学 ⇒ 低予算で練習できるが自己流になりがち。
・マンツーマンレッスン ⇒ プロの講師による指導で正しい弾き方が習得できる!
・ウクレレ教室は シアーミュージックがおすすめ!

気になるという人は、教室の雰囲気や講師との相性を確かめるため、まずは”体験レッスン”に足を運んでみてください

この記事が良質なウクレレ教室との出会いと演奏やテクニックの向上に少しでもお役立ちできれば幸いです!

おすすめウクレレ教室!

Enjoy Your Sound

  • オンラインも無料体験レッスンあり
  • 入会すると楽器がもらえる
  • マンツーマンだから初心者でも安心
  • スケジュールは自由自在
  • ライブ・イベント・発表会が充実

-ウクレレの基礎知識
-,

© 2021 ウクレレ教室No.1検索サイト|オリエンタスナビ