歌の練習方法

【原因別】「カラオケで歌うのが恥ずかしい」を3分で克服する方法

更新日:

「人前でカラオケを歌うのが恥ずかしい」という悩みを持っている人は意外と多いもの。極力カラオケには行きたくない!と思っていても、会社の付き合いなどで参加しないといけない時もありますよね。誰かとカラオケに行く度に「人前で歌うことが平気になればいいのに…」と憂鬱な気分になっていませんか?筆者もシャイな性格なので、カラオケに対して苦手意識を持ってしまう気持ちはよく分かります。
そこで今回は、シャイな筆者が実際に試して効果があった「カラオケで堂々と歌えるようになるための克服方法」を紹介しましょう!どんなに歌が下手でも、どんなに恥ずかしがり屋でも、原因と対策さえ分かれば克服することができます。この記事では、カラオケで歌うのが恥ずかしいと感じる原因と対策について詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

人前で歌うことが恥ずかしいと感じる3つの原因

カラオケで歌う恥ずかしさを克服するには、まず原因を突き止めなくてはいけません。ということで、原因について詳しく解説していきましょう。人によって恥ずかしいと感じる原因は異なるので、以下3つの原因のうち、自分はどれに当てはまるのか考えながら読んでみてください。

原因①:音痴だから恥ずかしく感じる

音痴であることをコンプレックスに感じている人は「周りから音痴だと思われたらどうしよう…」といった不安な気持ちが発生しやすいため、カラオケで歌うことを恥ずかしく感じる傾向にあります。生まれつき音痴で歌に自信がない人や、他人から音痴だと言われて傷ついたことがある人は、この原因が当てはまります。

原因②:人に注目されるせいで恥ずかしく感じる

歌が上手い人や、他人から「歌が上手い」と褒められる人でも「カラオケになると恥ずかしくなってしまい、実力が全く出せない」といった悩みを抱えることも。これに当てはまる人は、歌の技術ではなく「他の人からの注目」が原因です。一人きりの時は堂々と歌えても、他の人がいる状況になると「失敗したらどうしよう…」と過剰に緊張してしまうせいで、恥ずかしさがこみ上げてしまうのです。

原因③:選曲に自信がなくて恥ずかしく感じる

「流行りの曲が分からない」「盛り上がる曲が分からない」「自分が歌いやすい曲が分からない」といった選曲に関する悩みを抱えている場合も、恥ずかしさに繋がってしまうことがあります。選曲に自信がないせいで「この選曲で良かったのだろうか…」と不安になってしまい、歌声にも自信がなくなってしまうのです。

人前でも堂々と歌うためのカラオケのコツを原因別で紹介!

カラオケで歌うことを恥ずかしいと感じてしまう原因について分かったら、あとは自分が抱えている原因に合った対策をとるだけです!以下の項目で、原因別に「おすすめの対策方法」を紹介していくので、カラオケで歌うことを恥ずかしく感じてしまう人は、ぜひ参考にしてください。

コツ①:【音痴の人】気軽にできるボイトレを実践しよう

音痴をコンプレックスに感じている人は、ボイトレを実践して音痴を克服しましょう。音痴が治って上手に歌えるようになれば、歌う楽しさを感じることができるので、人前でも堂々と歌うことができます。「そんなこと言っても、音痴なんてそう簡単に直らないよ…」と思っている方もいることでしょう。でも、とても簡単な練習を続けるだけで、音痴を直すことができるのです。ということで、音痴を直す方法をさっそく紹介します。

【音痴を直すためのボイトレ方法】《STEP①》
まずは、カラオケで歌いたい曲を何十回も聴きましょう。最低でも30回以上は聴き込んでください。《STEP②》
たくさん聴き込んだら、今度は音源を聴きながら一緒にハミングで歌いましょう。なぜなら、いきなり言葉をのせて歌うよりもハミングをした方が、自分の歌声が耳に響くため、音程の確認がしやすいからです。ハミングをする時は自分のハミングの音程と、音源(歌っている歌手)の音程がきれいに一致しているかよく聴きながら歌ってください。

《STEP③》
ハミングで音程が安定するようになったら、今度は歌詞をのせて歌ってみましょう。歌詞をのせて歌う時も、自分の音程と、音源(歌っている歌手)の音程が一致しているか確認しながら歌ってください。

《STEP④》
音源を聴きながらきれいに歌えるようになったら、いよいよカラオケ音源を使って最終仕上げです。歌手の歌声が入っていないカラオケ音源で音程を外さずに歌ってみましょう。とはいえ、「歌手の歌声が入っていないと、音程が合っているか分からない」という人もいることでしょう。そのような場合は、カラオケの採点モードを使って、音程バーを見ながら歌うことをおすすめします。

《STEP⑤》
「カラオケの採点モードを使うためだけに一人カラオケに行くのは面倒」と感じる人は、後述する「自宅で練習する際のポイント」の項目を参考にしながら、家で特訓してみてください。

上記の方法は、たくさん音源を聴き込み、最初に音源を聞きながら練習するため、お手本の歌声をしっかり覚えて正しい音程で歌えるようになります。

コツ②:【他人からの注目が苦手な人】歌う前にリラックスする方法を実践しよう

他人からの注目が気になる人は「リラックスすること」を身につけましょう。一人きりで歌っている時は「失敗したら恥ずかしい」なんて思いませんよね。きっと深く考えずに、リラックスして歌っているはずです。そのため、他人から注目されている時も同じようにリラックスすれば、堂々と歌うことができます。

リラックスするための方法はたくさんありますが、一番効果的なのは腹式呼吸を行うことです。腹式呼吸とは名前の通り、お腹を使って行う呼吸のこと。腹式呼吸を行うことによって自律神経が刺激され、副交感神経(体をリラックスさせるための神経)が活発になるため、人目が気になる時や緊張する時に、腹式呼吸を行うとかなり効果的なのです。
リラックスしている時(眠っている時やあくびをする時など)って自然とからだの力が抜けて、お腹が膨らんだりへこんだりしますよね。それが腹式呼吸をしている状態です。歌を歌う時も、この腹式呼吸を使うようにしましょう。

初めのうちは、わざとあくびをしてみたり、寝落ちする直前をイメージしながら、腹式呼吸をしている状態に慣れていきましょう。腹式呼吸をすることに慣れてきたら、今度は息を吐き出す時に「ドミソド~」などと音程をつけながら歌ってみてください。この練習を繰り返していくうちに「腹式呼吸で歌っている状態」が自然と身についていきますし、リラックスしながら歌うコツが分かってきます。

コツ③:【選曲に自信がない人】自分が歌いやすい曲を知ろう!

選曲に自信がない人は、自分が歌いやすい曲を見つけましょう。歌いやすい曲は人によって異なるため、以下の方法を参考にしながら曲を探すことをおすすめします。

【自分に合っている曲を探す時の方法】《STEP①》
自分の声に近いアーティストの曲を歌ってみましょう。もし、自分の声に似ているアーティストが分からない場合は、携帯電話のボイスメモ機能などで構わないので、自分の歌声を一旦録音して客観的に聞いてみましょう。それでも分からない場合は、家族や友人などに「自分の歌声はどの歌手に似ている?」と聞いてみるのもおすすめです。《STEP②》
自分の声に近いアーティストの曲が見つかったら、歌いやすいキーを見つけましょう。どんなに簡単で自分の歌声に合っている曲だったとしても、キーが合っていなかったらとても歌いにくくなってしまいます。そのため、歌いやすいキーを探すことは非常に重要なのです。

「自分の声に似ているアーティストを探すこと」と「自分に合ったキーを探すこと」という2つの基準を元に、自分に合った曲を探してみてください。ちなみに、選曲で悩んでいる人の中には「歌の上手さは二の次で良いから、その場の空気を壊さない曲を選びたい」と考えている人もいると思います。

そのような場合は「話題になっている曲」を選ぶのがおすすめです。例えば、最近だと以下のような話題曲がカラオケでよく歌われているので、その場の空気を重視したい時に選曲してみてはいかがでしょうか。

《おすすめの話題曲》

曲名 アーティスト名
U.S.A. DA PUMP
Lemon 米津玄師
マリーゴールド あいみょん

上記3つの楽曲は、YouTubeでも見ることができるので、練習をする際の参考にしてみてください。

DA PUMP《U.S.A.》

米津玄師《Lemon》

あいみょん《マリーゴールド》

話題の曲を選曲すれば「この曲いいよね」「最近このアーティスト人気あるね」といった会話のネタにも使えてその場が盛り上がるので、おすすめですよ!

原因とコツが分かったら、カラオケボックスや家で練習しよう!

カラオケボックスや自宅で事前に練習をしておけば、自信をさらにつけることができるので、人前でも堂々と恥ずかしがらずに歌えます。そこで、カラオケボックスや自宅で練習する時のポイントについて、以下の項目で簡単に紹介します。

カラオケボックスで練習する際のポイント

カラオケボックスで練習をする時は、その場に他の人が座って聴いている様子をイメージしながら歌ってみましょう。好きな芸能人の顔写真やフィギュアなどをカラオケボックスに持っていき、椅子にそれを置いて観客に見立てながら歌うと、他の人がいる状況をイメージしやすいですよ!(少しシュールな練習方法ではありますが、筆者はこの方法でイメトレをしたおかげで以前よりも本番に強くなりました!)

また、カラオケボックスで練習をするのなら、声量も意識しながら練習してみましょう。自宅だと住宅環境の問題で大声が出せない人も多いと思いますが、カラオケボックスだったら防音の部屋で歌えるため、思う存分声を出せます。大きな声を出すことにより自然と力が抜けて、緊張や恥ずかしさを感じにくくなるので、声量は重要なポイントです。
大きな声量を身につけたいのであれば、先述した腹式呼吸を実践しましょう。腹式呼吸で息を吐き出す際、お腹の底からありったけの空気を出しながら、大きな声を出してみましょう。喉や肩に力を入れなくても、大きな声を出すことができます。

自宅で練習する際のポイント

自宅でカラオケの練習をする場合は、カラオケアプリを利用しましょう。カラオケアプリとは、カラオケボックスにある機械と同じように、カラオケ音源を流してくれるアプリのことです。近年、様々な会社からカラオケアプリが出ていますが、中でも使い勝手が良くておすすめなアプリは以下の2つです。

《おすすめカラオケアプリ①》カラオケJOYSOUND+

【特徴】
・1日1曲までなら無料でカラオケ練習できる。(1曲なら何回でも再生可能。)
・有料コースに切り替えると、14万曲以上の楽曲が歌い放題。【費用】
有料コース:1ヶ月360円【ダウンロード用のURL】
https://www.joysound.com/web/s/mobile/karaplus

《おすすめカラオケアプリ②》うたオン

【特徴】
・1日1曲までなら無料でカラオケ練習できる。(1曲なら何回でも再生可能。)
・デュエットやランキング発表機能もある。有料コースに切り替えると、アプリ内の楽曲が歌い放題。【費用】
有料コース:30日間980円【ダウンロード用のURL】
https://utaon.app/

採点機能があればとりあえずOK!という人は「カラオケJOYSOUND+」がおすすめですし、他の人と採点を競ってさらに自信をつけたいという人は「うたオン」がおすすめといえるでしょう。また「自宅だと大声を出せない」という人もいると思うので、代わりにリズムを正確にとる練習を実践して技術を磨きましょう。リズムに乗って楽しく歌うことができれば、音楽だけに集中することができるため、緊張や恥ずかしさがなくなります。
先ほど紹介した音痴を治す方法と全く同じで、リズムを正確にとりたいのであれば、まずは音源をひたすら聴き込みましょう。何十回も聴き込んだら、今度は音源のリズム(歌手が歌っているリズム)と、自分が歌っているリズムが一致しているか確認をしながら練習していきます。この練習を繰り返していくうちに、自然とリズムを覚えることができますよ!

本格的に歌を練習したいなら音楽教室に通おう!

「独学で歌を練習するのは不安」と感じる人や「本格的に歌を勉強したい」と思っている人は、音楽教室に行ってボーカル指導をしてもらうと良いでしょう。歌のプロから直接教えてもらった方が、テクニックを効率的に習得できますし、カラオケだけでなく様々な舞台で通用する技術を教えてもらえます。
音楽教室と一口に言っても様々な教室がありますが、歌のスキルを上げたいのであれば、シアーミュージックやボーカルレッスンミュウがおすすめです。この2つの教室はイチから分かりやすく教えてもらえますし、口コミ評価も高いからです。ということで、それぞれの音楽教室についてチェックしていきましょう。

おすすめの音楽教室①:シアーミュージック

シアーミュージックは全国展開をしている大手の音楽教室です。「ボーカル&ボイストレーニングコース」といった基礎的なボーカルを教えてくれるコースや「カラオケコース」といったカラオケで高得点がとれるように指導してくれるコースを用意しています。
それだけでなく「ピアノコース」や「アコースティックギターコース」といった楽器を教えてくれるコースも充実しているのが大きな特徴です。ちなみに、シアーミュージックの料金体制は以下の通りです。

【価格】

コース マンツーマンレッスン
月謝 月2回 / ¥10,000(税込10,800円)
月3回 / ¥13,500(税込14,580円)
月4回 / ¥16,000(税込17,280円)
人数 マンツーマン
備考 【月4回コース特典】
・1レッスン当たりの金額がお得
(5,000円→4,000円)

・月4回コースのみの特典「ブースレンタル無料使い放題」「グループレッスン無料受講」付き

また、シアーミュージックは以下の地域に教室を構えています。

【スクール一覧】札幌校/仙台校/郡山校/

大宮校/浦和校/所沢校/

千葉校/船橋校/柏校舎/

東京校/新宿校/上野校/

秋葉原校/渋谷校/下北沢校/

池袋校/五反田校/勝どき校/

赤羽校/立川校/吉祥寺校/

調布校/八王子校/町田校/

横浜校/川崎校/藤沢校/

本厚木校/高崎校/水戸校/

宇都宮校/岐阜校/静岡校/

浜松校/名駅校/栄校/

金山校/藤が丘校/奈良校/

京都校/西宮北口校/三宮校/

姫路校/大阪校/梅田校/

京橋校/なんば校/天王寺校/

堺東校/高槻校/枚方校/

豊中校/和歌山校/岡山校/

広島校/松山校/小倉校/

博多校/福岡天神校/熊本校/

那覇校

全国に教室があるので、地方に住んでいる方でも通いやすいですね!まとめると、シアーミュージックは以下のようなタイプの人に向いているといえます。

  • 地方に住んでいる人
  • 歌だけでなく楽器も上達させたい人

以上の項目に当てはまる人は、ぜひシアーミュージックでレッスンを受けてみてはいかがでしょうか。「シアーミュージック」の公式サイトもチェックしてみてください。

おすすめの音楽教室②:ボーカルレッスンミュウ

ボーカルレッスンミュウは、東京を中心に展開している大手の音楽教室です。ボーカル初心者に特化した音楽教室となっており、個々のレベルや目的に合った指導をしてくれる「マンツーマンレッスン」や「音痴克服コース」などがあります。
「音痴なのに音楽教室なんて行ってもいいのかな…」といった不安を抱えている人も歓迎してくれる教室です。そんなボーカルレッスンミュウの料金体制は、以下の通りです。

【価格】

コース 料金
マンツーマンレッスン
月2回
10,000円
マンツーマンレッスン
月3回
15,000円
マンツーマンレッスン
月4回
20,000円
音痴克服コース
月2回
10,000円
ペアレッスン
月2回
6,000円
ペアレッスン
月3回
9,000円
ペアレッスン
月4回
12,000円
ボーカル&
パフォーマンスクラス
月2回(1回90分)
7,000円
ゴスペルクラス
月2回(1回90分)
7,000円

また、ボーカルレッスンミュウは以下の地域に教室を構えています。

【スクール一覧】渋谷校/吉祥寺校/新宿校/池袋校/秋葉原校/

横浜校/大宮校/福岡天神校

東京に住んでいる人はとても通いやすい教室といえますね!まとめると、ボーカルレッスンミュウは以下のようなタイプの人に向いているといえます。

  • 東京に住んでいる人
  • 音痴を克服したい人や、ボーカル初心者の人に合ったレッスンを求めている人

以上の項目に当てはまる人は、ぜひボーカルレッスンミュウでレッスンを受けてみてはいかがでしょうか。「ボーカルレッスンミュウ」の公式サイトもチェックしてみてください。

カラオケで堂々と歌えるようになって、憂鬱な気分とサヨナラ!

カラオケで恥ずかしいと感じてしまうのには、きちんとした原因があります。その原因を突き止めて、自分に合った対策をとれば、どんな人でも人前で堂々と歌えるようになるのです。実際に、シャイな性格の筆者でも、今回紹介した以下の方法を色々と試した結果、人前で歌うことの楽しさを感じることができるようになりました。

  • 音痴の人は、ボイトレをする。
  • 他人からの注目が苦手な人は、腹式呼吸をしてリラックスする。
  • 選曲に自信がない人は、自分が歌いやすい曲やキーを探す。
  • 腹式呼吸で声量をアップ。
  • 音源を聴き込んで、リズム音痴を克服。
  • カラオケアプリを使って、自宅で自主練。

そのため「恥ずかしさを克服したい!」という気持ちを抱えている人は、ぜひこの記事を参考にしてもらえると嬉しいです。

おすすめボイトレスクール!

シアーミュージック

  • 無料体験レッスンあり
  • 無料でブース使い放題
  • マンツーマンだから初心者でも安心
  • 自分の好きな講師が指名できる
  • プロモーション活動を全面バックアップ
  • ライブ・イベント・発表会が充実
  • 北海道~沖縄まで日本全国に展開

-歌の練習方法

Copyright© ボイストレーニング徹底比較!初心者からプロ志向まで! , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.