ギターの練習方法

ギター初心者も楽しく弾きたい!簡単なコードで弾けるおすすめの曲25選

投稿日:

「簡単に弾ける曲を知りたい」「楽しくギターの練習をしたい」「歌いながら弾きたい」というギター初心者の方はいませんか?ギターを始めたばかりで難しい曲を弾こうとすると、難しいコードばかりでうまく押さえられずキレイな音が鳴らず途中で弾くのを諦めてしまう方もいます。簡単に弾ける曲を選べば楽しく練習ができ、ギターのレベルアップにも繋がりますよ。私もギターの練習を始めたばかりの頃は、簡単なコードの曲を何度も練習していました。

最初はコードの少ない曲から練習を始めて、慣れてきたらコードの多い曲を弾いていくと徐々にステップアップができていいでしょう。本記事では、ギター初心者でも弾きやすい曲を選ぶポイント4つや、邦楽と洋楽別におすすめの曲を25種類紹介します!

目次

弾きやすい曲を選ぶポイント

弾きやすい曲を選ぶときに確認しておきたいポイントは、「簡単なコードで弾ける」「テンポが速すぎない」「1小節間にコードの切り替えが多くない」「好きなアーティストの楽曲」の4つです。弾きやすい曲を見つけて、ギターを楽しく弾きましょう!

簡単なコードで弾ける曲を選ぶ

ギター初心者でも弾きやすい曲を選ぶときに最も重要なポイントは、使用するコードの確認です。6弦全て指1本で押さえるバレーコードなど、弦の押さえ方が難しいコードが多く含まれている曲を選んでしまうと、コードの切り替えに手間取ってしまいます。また、正しく押さえられないため、キレイに音が鳴らず途中で挫折してしまう方もいます。CやGやAなど、なるべく弦を簡単に押さえられるコード進行の曲を選べば、初心者でも弾きやすいですよ。さらに、ネックとフレットを挟むように装着して使うカポタストを上手く利用すれば、バレーコードが多い曲でも簡単コードで弾けるようになるのでおすすめです。

コード譜サイトの場合、「転調」や「キー」などの項目からカポタストをどのフレットに装着すればいいのか判断できます。ギターコードが見放題のサイト『U-FRET』なら、コードを簡単にして弾きたい方のために「簡単弾き」と記載されているので、それに合わせてカポタストを使うようにしてください。より多くの曲をギターで弾けるようになりたい、初心者にとても便利なアイテムなので1つ持っているといいでしょう。

テンポが速すぎない曲を選ぶ

ギター初心者なら初めはテンポが遅いバラードなどで、ゆっくりと練習をしていくといいでしょう。選ぶ曲のテンポが速すぎると、コードを変えるのに手間取ったりリズムを刻む手が追いつかないということもあります。ゆっくりなテンポの曲であれば、コードの押さえ方やストロークなどの乱れも自分で把握できるのでじっくり練習できますよ。馴れてきたらコードが簡単でもテンポが速い曲に挑戦していけば、徐々にギターで弾ける曲の幅が広がるので焦らずに頑張りましょう。

1小節間のコードの切り替えが多くない曲を選ぶ

ギター初心者の場合、1小節間にコードの切り替えが多くないかも、曲を選ぶときに確認しておきたいポイントの1つです。コードの切り替えがあまり多くない曲を選べば、初心者でもスムーズに気持ちよく弾くことができますよ。1小節間に2つ以上のコードが使われていると、コードを変えることばかりに気を取られてつまずきやすくなってしまいます。なるべく1小節間に1〜2つのコードで弾けるような曲を選ぶといいでしょう。最初のうちはコードからコードへ指をフォームをチェンジするのも迷ってしまいますが、練習を積み重ねていけば指が覚えていてスムーズに弾けるようになるので根気強く弾き続けることが大切です。

好きなアーティストの曲を選ぶ

好きなアーティストの曲を選べば、少し難しいと思っても「弾きたい!」というヤル気が出ます。ヤル気は練習を継続することに繋がるので、ギターの腕をレベルアップさせるためにとても重要です。なるべく普段から聞いているアーティストや同じジャンルの曲や、それらに近い曲を選んで楽しくギターを弾くといいでしょう。

ギター初心者におすすめの曲 15選【邦楽】

上記ではギター初心者も弾ける曲を選ぶポイントを紹介してきました。ここからはギター歴10年の私が、ギター初心者の方におすすめな邦楽の曲を紹介していきます。ぜひ試しにギターで弾いてみてください。

【チェリー/スピッツ】ギター初心者の定番曲

おすすめ度:

長い間愛されているスピッツの名曲「チェリー」は、ギター初心者の方にはぴったりの爽やかな曲です。C・G・Am・F・Emと比較的押さえやすいコード進行で弾くことができます。Fはバレーコードなので難しいと感じるかもしれませんが、バレーコードは1種類しか出てこないので慣れてしまえばスムーズに弾けるようになりますよ。テンポも遅すぎず速すぎず、リズムがいい曲なので気持ちよくギターを弾けます。また、歌いやすいメロディーなので、「弾き語りをしてみたい!」という方も試してみてください。

【Good-bye days/YUI】女性にも人気がある1曲


おすすめ度:

YUIの「Good-bye days」は、弾き語りをしたいギター初心者の女性にぴったりです。映画の主題歌でもあり、ちょっと切ない歌詞が魅力的でもありあります。曲のテンポも速すぎず、カポタストを2フレットに装着すればコード進行がC・D・G・Em・Amなどと比較的簡単なコードになるので、初心者でも弾きやすいですよ。途中でBmやFなどバレーコードも出てきますが、コード切り替えが難しくないので弾きやすくなっています。盛り上がるCメロは簡単なコード進行なので、ついつい歌い出したくなるおすすめの1曲です。

【さくら/森山直太朗】弾き語りしたくなる1曲


おすすめ度:

森山直太朗の「さくら」は、卒業シーズンの定番ソングの1つでもあります。スローテンポなので、ギター初心者でもコード切り替えしやすい1曲です。カポタストを1フレットに装着すれば、G・C ・D・Emなど押さえやすいコードで弾くことができますよ。コードの切り替えもしやすいので、弾き語りをしてみたいという方におすすめです。

【いいんですか/RADWIMPS】


おすすめ度:

男女問わず人気があるRADWIMPSの「いいんですか」は、ギター初心者でも弾くことができます。サビ以外はラップ調のメロディーラインで特徴的な曲ですが、リズムがよく楽しく弾くことができますよ。カポタストを4フレットに装着すれば、基本的にG・C・D・Emで弾けるので、RADWIMPSに憧れてギターを始めたという方にもおすすめです。サビもテンポよく弾けると楽しいので、ぜひ練習してみてください。

【日曜日よりの使者/the high-lows】3コードで弾ける!


おすすめ度:

the high-lowsの「日曜日よりの使者」は、難しいストロークが必要なく楽しく弾ける1曲です。コードの切り替えも少なく、カポタストを3フレットに装着すればA・D・E・Gと初心者でも押さえやすいコード進行で弾くことができます。簡単に弾き語りができる曲なので、「楽しみながらギターを練習したい」「懐かしい青春パンクが好き」というギター初心者におすすめです。ぜひ練習してみてください。

【ソラニン/ASIAN KUNG=FU GENERATION】映画の主題歌として大人気な曲!


おすすめ度:

映画の主題歌として大人気のASIAN KUNG=FU GENERATIONの「ソラニン」は、男女ともにおすすめの1曲です。カポタストを4フレットに装着すれば難しいコードが少なく、G・Cadd9・Am・D・Emで基本的に弾くことができます。また、コードを変えるタイミングがゆっくりなので、ギター初心者でも弾きやすくなっていますよ。爽やかなバンド曲を弾き語りたいという方におすすめです。

【愛唄/GReeeeN】青春を感じる1曲


おすすめ度:

人気バンドGReeeeNの「愛唄」は、青春のテーマソングとしても大ヒットしました。「元気がでる曲を弾きたい」という方におすすめです。カポタストを1フレットに装着すれば、Em・Bm・C・Dなどで弾くことができます。アコースティックギターでもエレキギターでも楽しく弾ける1曲なので、弾けるようになったらギターに合わせて友達と歌うのも楽しいですよ。

【リンダリンダ/THE BLUE HEARTS】パンクの王道!誰でも知っている1曲


おすすめ度:

楽しく弾きながら歌えるのがTHE BLUE HEARTSの「リンダ リンダ」です。カポタストは不要ですが、D・G・A・D7などの比較的簡単に押さえられるコードも多くなっています。曲中にはF♯7やBmなどバレーコードも入っていますが、一番盛り上がるサビはD・G・Aのみで弾けるので、思わず「リンダ リンダ〜」と口ずさみたくなりますよ。パンク好きの方にもぴったりで、テンポが速く勢いのある曲なので、楽しく練習ができます。

【小さな恋の歌/モンゴル800】バンド演奏もできる!


おすすめ度:

モンゴル800の「小さな恋の歌」は、ギター初心者の定番曲の1つでもあります。アコースティックギターで弾いても、バンド演奏しているような感覚で弾けます。カポタストを4フレットに装着すれば、G・C・Em・DとバレーコードBmのみでAメロからサビまで弾くことができるのでとても簡単です。Aメロからストロークの刻みが細かく、コードを変えたり手が忙しいと感じるかもしれませんがマスターすればバンド演奏もしやすくなりますよ。ストロークの練習にもなるので、バンド演奏を目指している方にもおすすめです。

【少年時代/井上陽水】スピードもゆっくりに弾きやすい


おすすめ度:

井上陽水さんの「少年時代」は聞いたことのある方も多いでしょう。簡単なコードで弾く場合は、カポタストを2フレットに装着する必要がありますがスローテンポで弾くことができるのでギター初心者にもぴったりの曲です。出てくるコードはC・G・Am・D・Em・Bなど数は多く、切り替えも多い曲ではありますがコードを押さえる練習もできます。ところどころに押さえにくいコードも出てきますが、練習になるので試してみてください。

【ハッピーエンド/back number】簡単コードで弾き語りもできる


おすすめ度:

女性の心を掴んで話さないback numberの「ハッピーエンド」は、感動のバラードです。カポタストを2フレットに装着すれば、C・D・G・Am・Emなどで弾くことができます。途中でバレーコードも少し入ってしまいますが、練習をすれば徐々に馴れていきますよ。ギター初心者でも少しレベルアップしたいと思ったら、チェレンジしてみるといいでしょう。コードの切り替えが簡単で歌いやすい曲なので、彼女のために弾き語りをしたいという方におすすめです。

【マリーゴールド/あいみょん】カポタストを使用すれば初心者でも弾ける!


おすすめ度:

10代〜20代の女性から絶大な支持を得ているあいみょんの「マリーゴーリド」は、カポタストを2フレットに装着すれば比較的簡単なコード進行で弾くことができます。Am・G・Cの簡単なコードだけでなく、バレーコードのFやC/Eなどの見慣れないコードもところどころ使用されています。しかし、コードの押さえ方は難しくないので練習をすればスムーズに音を鳴らせるようになりますよ。オススメ度が星5つの曲を練習して、自信がついてから弾くのがおすすめです。

【アイネクライネ/米津玄師】


おすすめ度:

若い世代の男女から支持されているアーティスト米津玄師の「アイネクライネ」は、爽やかなメロディですが切なさも感じる楽曲です。カポタストを1フレットに装着すればF・C・G・Am・E7などの初心者でも弾きやすい簡単なコードで弾けます。バレーコードもありますがFのみなので慣れてしまえばスムーズに弾けるようになりますよ。テンポよく進んでいく曲なので、初心者の方にはコードの切り替えが難しいと感じる部分もあります。しかし、口ずさみながら弾くことでメロディーと合わせやすくなるので、米津玄師の大ファンという方はぜひチャレンジしてみてください。

【Everything(it’s you)/Mr.Children】ミスチル好きは必見!


おすすめ度:

アコースティックギターでしっとり弾くのに向いているのがMr.Childrenの「Everything(it’s you)」です。カポタストなしで弾けますが、G・D・C・Em・Aなどコード数が多めなのでたくさんコードを覚えたいという方は試してみてください。Dsus4やBm7・Fなど難しいと感じるコードも入っていますが、スローテンポなのでギター初心者のいい練習になります。バラード曲を弾き語りしたいという方におすすめです。

【Missing/ELLEGARDEN】初心者でも演奏しやすいテンポ!


おすすめ度:

かっこいいロックサウンドで憧れていた方も多いELLEGARDENの「Missng」は、コード数も少なくギター初心者でも弾きやすくなっています。G・D・Aの簡単なコードだけでなく、BmやBm7などのバレーコードも出てくるので難しいと感じる方もいます。しかし、テンポが速すぎないので、コードの切り替えがしやすいですよ。また、ELLEGARDENの曲の中でも日本語の歌詞なので、英語詞が苦手という方にも向いています。

ギター初心者におすすめの曲 10選【洋楽】

次は、ギター初心者におすすめな洋楽の曲を紹介していきます。

【Stand by me/John Lennon】日本でも有名な洋楽


おすすめ度:

John Lennonの「Stand by me」は、日本でも有名な楽曲です。カポタストを2フレットに装着すればG・Em・C・D7の簡単なコードで弾くことができます。スローテンポでコードの切り替えも少ないため初心者にぴったりの楽曲です。英語詞ですが簡単な英語が使用されているので、歌いながら弾くこともできますよ。王道の洋楽をギターで弾いてみたいという方におすすめです。

【22/Taylor Swift】女性に大人気のテイラースウィフトの楽曲


おすすめ度:

世界的に女性から高い支持を得ているTaylor Swiftの「22」は爽やかに弾きたくなります。
カポタストなしG・D・Cの3コードで弾けるので、ギター初心者でも簡単に弾き進められますよ。ポップで盛り上がる楽曲なので、弾けるようになれば友達の前でも楽しく弾き語れますよ!また、テイラースウィフトの曲は、スローテンポなものも多くカポタストを使用すれば簡単に弾ける曲が揃っているのでギター1本で歌いたいという方におすすめです。

【I’m Yours/Jason Mraz】爽やかに弾けば女性に喜ばれる1曲


おすすめ度:

サーフミュージックの中でも世界中で人気のあるJason Mrazの「I’m Yours」は、アッコースティックギターで弾きたくなる楽曲です。カポタストを4フレットに装着すればG・D・Em・C・AでAメロからサビまで弾くことができます。テンポがよくノリがいいので、弾いていても楽しめます。コードは簡単ですがストロークにカッティングを入れたりと、ギターの腕がレベルアップしたら遊ぶことができます。弾き語りをする場合は流暢な英語が必要になりますが、英語が得意という方は海や屋外で弾き語ってみたら気持ちいいですよ。

【Knockin’ on Heaven’s Door/Bob Dylan】弾きやすいスローテンポの楽曲


おすすめ度:

Bob Dylanの「Knockin’ on Heaven’s Door」はあらゆるアーティストにカバーされている名曲です。Bob Dylanバージョンであれば、カポタストなしで初心者も簡単に弾くことができます。G・D・Am・Cの基本コードさえ覚えておけば最後まで弾け、コードの切り替えも少ないので難しくありありません。また、スローテンポなので、一番最初にギターを練習する曲としてもおすすめですよ。

【Everywhere/Michell Branch】洋楽を弾き語りたい女性におすすめ


おすすめ度:

Michell Branchの「Everywhere」は、力強くかっこいい歌声がとても魅力的です。カポタストを1フレットに装着すれば、Am・C・G・D・Fの5つのコードで弾くことができます。思いっきりギターを掻き鳴らしながら弾けるので洋楽好きの女性にぴったりです。メロディーラインもかっこいいので、1曲弾き語りができるようになれば一目置かれますよ!

【Smille/Avril Lavigne】爽やかに弾き語りができる


おすすめ度:

AVRIL Lavigneの「Smile」は、アップテンポで楽しく弾ける1曲です。カポタストを2フレットに装着すれば、Em・D・G・Bmと簡単なコードになるので弾きやすくなります。サビがとても爽やかなので思いっきり弾いて歌えば盛り上がりますよ。ポップロックなのでエレキギターで弾きたくなりますが、アコースティックギターでも楽しめます。Avril Lavigneの曲はカポタストを使用すれば簡単に弾けるものも多いので、弾き語りがしたいという女性におすすめです。

【Help!/The Beatles】ギター初心者にぴったり!


おすすめ度:

日本で最も愛されているイギリスのロックバンドThe Beatlesの「Help!」は、ギター初心者でも楽しく弾くことができる曲の1つです。Bm・G・E7・A7・A・C♯m・F♯mなど使用されているコードの数は多めですが、Aメロからリズムよく始まるので弾きやすくなっています。遅すぎず速すぎないテンポなので、ストロークの練習にもなりますよ。ビートルズ好きなら、「Help!」から始めてみるのもいいでしょう。

【American idiot/Green Day】簡単で盛り上がれる!


おすすめ度:

世界的に人気なパンクバンドGreen Dayの「American idiot」は、テンポもよく盛り上がります。半音下げチューニングが必要なので、E♭(D♯)・A♭(G♯)・D♭(C♯)・G♭(F♯)・B♭(A♯)・E♭(D♯)になるようにチューニングを変えてから弾きましょう。A・D・Gの3コードで全部弾けるのでとても簡単です。
Aメロのコードを切り替えるのに最初は手間取るかもしれませんが、押さえ方の簡単なコード進行なので指の練習になりますよ。メロディーラインがスピーディなので英語が苦手な方には難しいですが、リズムがいいのでバンド演奏をしたいという方にもおすすめです。

【Wongerwall/OASIS】英歌詞でも歌いやすく弾き語りしやすい!


おすすめ度:

日本でも大人気の海外バンドOASISの「Wonderwall」はとても名曲です。カポタストを2フレットに装着すると比較的押さえやすいコードで弾けるようになります。Gagg9やCmaj9などコードだけ見ると難しそうに感じますが、練習をすればできるコードの幅を広げることができますよ。
男女関係なく歌いながら弾ける曲なので、オアシズなど正統派な90年代UKロックが好きな方におすすめです。

【Yesterday once more/CARPENTERS】世界中で愛されている名曲!


おすすめ度:

幅広い世代から愛されているCARPENTERSの「Yesterday once more」は、スローテンポで弾きやすい楽曲です。また、口ずさみやすいメロディーラインというのも魅力です。カポタストを4フレットに装着すると、C・Em・Amなど比較的簡単なコードで弾けるようになりますが、押さえ方の難しいF/GやDm7/Gなども入ってきます。初心者でもいくつか楽曲が弾けるようになってから弾いてみると、レベルアップにも繋がりますよ。日本人でも馴染みの深い曲で練習しやすいので、洋楽を1曲弾けるようになりたいという方は試してみてください。

ギターのコードを上手く鳴らすコツ


ギターを弾いていて、「キレイな音が鳴らない」「詰まったような音になってしまう」という方も少なくないでしょう。以下では、ギターのコードを上手く鳴らすコツを3つ紹介します。

ギターのチューニングは忘れずに!

チューニングがずれていると、正しい音が鳴らないので弾いていても気持ち悪く感じてしまいます。ギターは開放弦を弾いて6弦(E)、5弦(A)、4弦(D)、3弦(G)、2弦(B)、1弦(E)になるようにペグを回して調整します。ペグを閉めると音が高くなり、ゆるめると音が低くなるのでギターを弾くときはチューニングを忘れないようにしましょう。チューナーにつなげると、より正確にチューニングができるので活用するのがおすすめですよ。

コードの押さえ方に注意する

しっかり指で弦が押さえられていないと、こもった音が鳴ったり響きが悪くなります。ギターを弾くときはコードの押さえ方にも注意する必要があります。指の平で抑えるとズレやすいので、ネックに向かって立てるように弦をしっかり押さえます。また、フレットに近い部分を押さえ、ネックをしっかり持つことで支えられて安定するのでコードを押さえやすくなりますよ。

最初のうちは弦を押さえていると指が痛くなることがありますが、練習をしているうちに徐々に慣れていくので頑張って継続していきましょう。キレイな音が鳴らないと悩んでいる方は、素早くしっかりコードを押さえられるように練習をしてみてください。

ピックの持ち方を安定させる

ギター初心者の場合、コードを押さえる指を意識し過ぎてピックを持つ手を忘れがちです。しかし、ピックの持ち方もキレイな音を鳴らすために重要なポイントです。人差し指の側面に指の先と同じ方向に弦と触れる角が揃うように置き、親指の腹で軽く押さえるようにピックを持つと安定感が出ます。ピックを浅く持ちすぎると不安定になり、キレイな音を出しにくくなるので注意をしてください。

ピックの使い方を把握する

実際にギターを弾くときはピックを弦に対しして斜めにして弾くようにして、程よい深さで鳴らすようにしましょう。ピックを弦に対して深く入れ過ぎると力が入ってしまいスムーズな音が鳴りにくく、浅く入れ過ぎると小さく弱い音がなってしまいます。上記で説明したピックの持ち方と合わせて、ピックの使い方も把握してキレイな音を鳴らせるように意識してみてください。

覚えておきたい!定番のストロークパターン


最後に、ギターを始めたら押さえておきたいストロークパターンを4種類紹介していきます。いくつか使い分けることができれば、ギター初心者でも弾ける曲の幅が広がりますよ。

バラードで使える「2分音符のストローク」


バラードなどでよく使るのが「2分音符」のストロークです。1小節間の「イチ・サン」のタイミングで、ジャーンと鳴らします。イントロやAメロなどに使うことが多く、上から下に向かって弾くダウンピッキングなので初心者でも比較的弾きやすいストロークです。

基本的なストローク「4分音符のストローク」


「4分音符のストローク」は、基本的なストロークなのでしっかり覚えておきましょう。
1小節間の「イチ・ニ・サン・シ」のタイミングで、テンポよくジャン・ジャンと鳴らしていきます。「2分音符のストローク」同様に全てダウンピッキングで弾けるので、初心者でも弾きやすいですよ。

アコースティックギターやエレキギターなどで使い勝手がいい「8分音符のストローク」


早い曲を弾くときに役立つのが「8分音符のストローク」です。1小節の間に8個の音符が入っているので、「イ(チ)・ニ(イ)・サ(ン)シ(イ)」のタイミングでギターを弾きます。「ジャ(カ)・ジャ(カ)・ジャ(カ)・ジャ(カ)」の(カ)の部分は下から上に向かって弾くアップピッキングになります。ダウンピッキングとアップピッキングを使用するので、最初は難しいと感じることもありますが、マスターすればあらゆる曲で役立ちますよ。

これができればバンドの曲もバッチリ「16分音符のストローク」


「8分音符のストローク」の倍の音符が詰まっているのが「16分音符のストローク」です。ダウンピッキングとアップピッキングを使用して全ての音を鳴らすので、弦を弾く手のスピードが必要になります。速いテンポの曲を弾くときに役立つので、弾けるようになるといいでしょう。

覚えておくと便利「4分+8分音符のストローク」

あらゆる曲でよく使われているのが「4分+8分音符のストローク」です。1小節間に4分音符と8分音符が入っていて、「イチ・ニ(イ)・サン・シ(イ)」のタイムングでギターを鳴らします。「ジャン・ジャ(カ)・ジャン・ジャ(カ)」の(カ)の部分はアップストロークで弾きます。バラードからバンド曲まで使えるストロークなので、覚えておくようにしましょう。

ギター初心者でも楽しく弾ける曲を見つけて、腕前をレベルアップさせよう!


本記事ではギター初心者が弾きやすい曲を選ぶポイントや、おすすめの曲を紹介してきました。ギター初心者でも弾ける曲を見つけられれば、練習が楽しくできてレベルアップに繋がりますよ。上記で紹介した「コード進行」や「曲の速さ」などをチェックして曲選びをし、ギターを気持ちよく弾きましょう!

おすすめギター教室!

シアーミュージック

  • 無料体験レッスンあり
  • 無料でブース使い放題
  • マンツーマンだから初心者でも安心
  • 自分の好きな講師が指名できる
  • プロモーション活動を全面バックアップ
  • ライブ・イベント・発表会が充実
  • 北海道~沖縄まで日本全国に展開

-ギターの練習方法

Copyright© ギター教室・レッスンおすすめランキング! , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.